スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたならどうしますか?

  16, 2015 14:36
  



「先生、ナスカのココに、しこりが・・・」




もう、去年の話になりますが、近所の動物病院へワクチン接種に行ったとき
その少し前から気になっていた事を先生に相談しました。

病院に行く少し前、ナスカの体中をモミモミしていたとき
ウエストのあたりにコリっとしたものを見つけました。

太ももの付け根とも、腰の付け根とも、

なんとも言い難い場所です。



DSC01095.jpg



あれ?っと思い、もう一度探したのですが見つからず
気のせいかなと思いながら、またモミモミしていたら



やっぱりコリっとしたものがあったのです。



体の姿勢によっては隠れてしまってわかりにくい位置です。



先生はひとしきり触診をして、

「う~ん、脂肪腫・・・・・かなぁ・・・・・
   急に大きくなるようなら、すぐに来て。」



と言われました。



数日様子を見たけれど、大きくなる様子もなく
ナスカ自身は痛がるどころか、気にする様子もありません。



それから毎日しこりをチェックしていますすが
相変わらず大きくもならないし、気にする様子もありません。



そしてあっというまに8か月。



DSC01097.jpg



毎回にゃんにゃんドックは、近所の動物病院ではなく
東京猫医療センターに行っています。

何かあった時のためのセカンドオピニオン先として、お願いしています。

普段の些細な通院は近所の動物病院へ行っています。
外出自体が恐怖なテオとナスカのストレス軽減が目的です。
とてもいい先生ですし、自転車でぴゅーっと行けば2分ですから。



前回はレントゲンと尿検査だったので
今回は尿検査と血液検査をお願いして


検査のついでに、ナスカのしこりのことを相談しました。



私はもうすっかり場所を覚えているので、すぐに見つけられるのですが
触診の際、先生もすぐには見つけられませんでした。



触診の結果は、

「脂肪腫ではないかもしれない」

ということでした。



ポイントしては

 皮膚側にできていないこと

 筋肉に張りつくようにできていること



では、腫瘍の針生検をして、良性か悪性か検査してほしいとお願いしたら



 良性でも刺激をうけて悪性化することがある

 悪性の場合、刺激をうけて急激に成長することがある

 上記の点に加え、針生検は確実ではないので、摘出前提でしたほうがいい


といわれました。



手術は全身麻酔だからちょっと怖いな・・・と思ったけれど
すぐ取ったほうがいいか、と聞いたところ、



先生は難色を示すのです・・・。



しこりの大きさは今は5ミリくらいだが
できている場所は手術が難しい場所。
筋肉の組織に入り込むように腫瘍化している場合は
開いてみないと正確な大きさがわからない。
霜降り肉のサシのように、筋肉に浸潤している場合もある。

皮下組織の腫瘍であれば皮膚ごと大きく切除するが
筋組織を大きく切除すると、歩行機能に影響が出る可能性が大きい。
最悪の場合(歩行機能を失うほどの切除、という意味だと思う)、
切断の可能性もある。



といわれました。


もう、このあたりから私の血の気は引いていましたので
先生に気づかれてしまったのか



ただ、ナスカちゃんの場合はまだ若く、傷みや違和感もなさそうなので
すぐに決断しなければ、ということはないので、もう少し様子を見てもいいと思う。



とおっしゃいました。



少しだけ安心させてもらったけれど、現状が改善するわけではないので
今後も慎重に観察していくことになりました。


観察のポイントとしては

 毎日確認する人を一人

 間隔をあけて確認する人を一人


毎日触っていると、大きさの変化に気づきにくいことがあるからだそうです。





私は、どうしたらいいんでしょう・・・・





良性か悪性か、わからないけれど、

しこりを取ってしまえば、毎日心配することはなくなるけど

遊びが大好きなお転婆ナスカが、歩きにくくなるかもしれない。

脚力を失い、猫ぴったんが、できなくなってしまうかもしれない・・・


悪性だったら、早い決断は正解だろうれど
良性でも、失わなくてもよい運動機能を損なってしまう




あなたの猫がもしこうなったら、どうしますか・・・・・?



DSC01094.jpg







にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
スポンサーサイト

  ナスカ 腫瘍 健康診断 良性 悪性 しこり 東京猫医療センター 猫専門医 手術

Comment - 14

ニャーヨ  

この場合は本当に難しいですね。
簡単な検査で良性か悪性かわかると良いのにと思いますよね・・・
悪性だったら小さいうちに切除したいし・・・
もし私だったら、サードオピニオンという事も考えるかもしれません。

Edit | Reply | 
あずき  

ナスカちゃんのこと、本当に心配です。
良性か悪性かだけでもわかればと思うけど、
それにもリスクが伴うとなると
針生検をするかどうかを決めるのも難しいですね。

私も先代のミーの前右足の付け根のちょっと下に
やはり5ミリくらいのしこりを見つけて、
先生に相談したら「様子を見ましょう」と言われ、
その後何年も大きさが変わらずそのまま天寿を全うしました。

ミーのような事例もあるし、
セカンドオピニオンの先生がおっしゃるように、
観察しながら様子を見るというのも一つだと思います。

とは言え、suztanさんのご心配を思うと心が痛くて、
自分に置き換えてみた時、
私もどうしていいか分からないのが本心で・・・
ナスカちゃんが良くなりますようにと願うばかりです。

Edit | Reply | 
ちびたん  

suztanさんの立場になったら。
考えただけで胸が押し潰されてしまいそうです。
選択を誤ったらすごく後悔するだろうし、すごく怖いです。
大切なナスカちゃんの将来がかかってるから。

遊びが大好きなナスカちゃんが遊べなくなるかもしれない。
歩きずらくなるかもしれない。
suztanさんにぴったんができなくなるかもしれない。

ナスカちゃんはどう思うんでしょうか?
こんなとき話せたらいいのにって思います。

すいません。
全然答えになってなくて。

Edit | Reply | 
ほんなあほな。  

私なら、サードを探すかもしれません。
以前、ひゃくおくの頭の耳の付け根に腫瘍が出来た時、
針生検でも、麻酔をかける、その後問題があった場合も、麻酔・・・そのリスクを避けるために、
取るんだったら取りましょう・・・で、即、手術を。
本来であれば、悪性の場合、若い方が進行は早く、大きくなればなるほど、リスクは高い。
そう考えた場合、手術と腕に覚えの有りそうな、サードで、診断してもらうと思います。

Edit | Reply | 
トトロ  

今日、記事を読んでから今までずーっと考えていましたが、答えが出ませんでした。
suztanさんの心情を思うと、すごく苦しいです。

モフモフのナスカちゃんの小さなしこり、普通だったら見つけるのかなり難しかったと思います。
suztanさんが全身をくまなく触っていたからこそ見つけられたんですね。

もし私だったら・・・と考えると、様子を見るという決断すらできないような気がします。

suztanさんはすでにセカンドオピニオンという万全を期していると思いますが、他の方がおっしゃるように思い切ってもう一つ病院を当たってみるのも手だと思います。
遠い病院はナスカちゃんのストレスを増やしてしまうので心配ですが・・・

私は、自分で考えて決断できないので、もうすこし専門家の話を聞きたいです。
どの病院がどのくらい猫の体に精通しているのか私はよく分からないのですが
例えばあずきさんが通っている南部先生の所とか、猫専門のドクターの意見をもう少し聞いてから判断するのでも遅くないかなと思います。

ぼんやりした意見ですみません。
でもこれだけ言えるのは、ナスカちゃんを一番愛しているsuztanさんご夫婦が、ナスカちゃんのことを想って決めた結論が最善の判断なんだと私は思います。

Edit | Reply | 
suztan  

ニャーヨさん>

針生検がいまのところ一番簡単な検査方法なのでしょうが
いかんせん、正確性に欠ける上に、余計な刺激になるとすると
それすらも躊躇してしまいますよね・・

私としては、悪性でも良性でも、切除してしまいたいのが本音ですが
ナスカの場合はできた場所が悪い・・・

シロちゃんの腫瘍の記事を拝見しました。
愛猫の運命を左右する選択を迫られた時
自分は後悔しない選択ができるのだろうか。

私はただただ、ナスカに不便や苦痛を強いたくないだけなのだけど・・・

ご提案いただいた通り、サードオピニオンで
どれだけ筋肉切除を回避できるか模索していきたいと思います。

ありがとうございました。

Edit | Reply | 
suztan  

あずきさん>

ナスカのことを心配してくださって
ありがとうございます。

ミーくんの腕の付け根にもあったのですね。
ミーくんはギネス級の長生きさんでしたが
しこりを見つけられたのは何歳頃のことか
覚えていらっしゃいますか?

ナスカのしこりを見つけたのは1歳と4か月くらいの時ですし
もしこれが悪性ならば、とっくに重篤な状態になっていそうなのに
見つけた時から大きさも場所も数も変わっていないので
心の中で、なんとなく良性なんじゃないかと思っている
自分がいたりもするんです。

勝手な憶測ですが、先生も経験則で良性の可能性を感じて
手術による運動機能の損失と天秤にかけられて
手術に難色を示されたのかもしれません。

とりあえず、来月もっと具体的に、腫瘍の正確な場所の特定や
手術の規模について具体的に提案を受けようと思います。

それで納得できなければサードオピニオンを。
どの程度の規模の切除になりそうか

Edit | Reply | 
suztan  

ちびたんさん>

私が決めたことでナスカの運命が大きく左右されることに
とても緊張するし、責任を感じます。

どんなに頑張っても、どんなに最善と思われる決断をしても
ハッピーエンドにならなければ、悲しみと苦しみと後悔はとても深いです。

でも、それと向き合う覚悟がなければ、
ペットを飼う資格ないですからね。

ナスカはどう思うのでしょう。
ナスカはとってもおしゃべりなので
いつも私を見つめながら何かを訴えています。

なんかちょうだいー
あっちにいって遊ぼうよー
行く?あっち行く??
ねぇ、まだぁー?
ママ・・・

ふだんはこんな感じでしょうか。
しこりのことを聞いても、ん?としか言ってくれません。

Edit | Reply | 
suztan  

ほんなさん>

ほんなさんから力強いご意見をいただけると
とても勇気が湧いてきます。

ひゃくおくんにも腫瘍ができたのですね。
頭部だと脂肪層や筋肉層も薄そうですが、
大きく切除せずに済んだのですね。

その後、腫瘍は病理に出されましたか?

ナスカの場合、まだ2歳と若いので、もし悪性だったら
もうとっくに重篤化していそうですが、
今のところウンともスンとも変化がないように思えます。

腫瘍が見つかったのが1歳4か月の時です。
ある日突然ポコッとできるわけではないので
そのずっと前から腫瘍ができ始めてるってことですよね。

ここまでのろまな悪性腫瘍ってあるのかな。

もしかしたら、先生もそう思っていて
手術に難色を示したけれど、今後の悪性化に備えて
観察を怠らないように釘をさしたのかもしれません。

でも、しこりがある限り、心配はなくならないので
できるだけ運動機能を損なわずに済む方法を模索します。

サードオピニオンのご提案ありがとうございました。
腫瘍専門のいい先生が見つかればいいなと思っています。

Edit | Reply | 
suztan  

トトロさん>

ナスカのしこりは、ほんとうに見つけにくいです。
もしナスカが触られるのが苦手な子だったら
大きく腫れ上がるまで気づかなかったでしょうね。

ニャーヨさんや、ほんなさんのような
百戦錬磨の飼い主さんからサードオピニオンを
提案していただいたので、腫瘍の先生を探して相談しようと思います。

ナスカの運命を左右する決断をするのは勇気がいるし
うまくいかなければ絶対後悔すると思います。

お外が怖いナスカにとって、通院はリスクだし
手術だ入院だとなれば、それが原因で
病気になってもおかしくないほどです。

私はナスカのお転婆で天真爛漫なところが大好きですから
ストレスや苦痛を与えて不自由を強いたくありません。

例えば、見るからに悪性オーラを放ち、ナスカが痛がっていたり
このまま放っておくと足が腐ってしまいますよ、となれば
もちろん決断するでしょう。

様子を見るということは、できうる治療を放置しているように
思われるかもしれませんが、怖がりなナスカには必要なことだと思っています。

そうですね、テオとナスカを一番愛しているのは私たち夫婦ですよね^^
ふたりのためなら死んでも構わないくらい愛しています。

トトロさんのあたたかい言葉は、いつもじんと心に沁みます。
ありがとうございます^^

Edit | Reply | 
おはるママ  

おはようございます。
私、昨日suztanさんのブログに返信せずに、
自分のブログに返信してしまって
すいませんでした。
今度から気をつけます。
なんせ、ブログ初心者なのでまったくわかってないんですよ。
本当にごめんなさい。

Edit | Reply | 
suztan  

Re: おはるママさん>

こんばんわ^^
こちらこそ突然のコメントにお返事いただき
ありがとうございました。

おはるママさんの文章は、心の中にスルスルと入ってきて
とっても読みやすく、そして普段はとってもおもしろくて。
人を惹き付ける文章ってこういう事をいうんだな~って感心しました。

すっかりおはるママさんのファンになってしまいました。
これからも更新楽しみにしております♪

勝手ながら、ブログをリンクさせていただきました
よろしくお願いいたします^^

Edit | Reply | 
oharumama  

suztanさん
おはようございます。
リンクしてくれはってありがとうございます。
私もさせて頂いていいですか?

おまけに、メチャクチャほめて頂き赤面しております。

アホなもんで、こんなんでいいのやろかぁ~と日々悩んでいます。

こんなんでよければ、またにゃーごに会いに来て下さいね。

これからも仲良くしてください。

今からブログ公開して仕事へ行きます。
愛するにゃーごのために・・・

Edit | Reply | 
suztan  

oharumamaさん>

こんばんわ^^

のろまな週1更新ですが
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします♪

おはるママさんのブログは
関西ならではの個性が炸裂していて
見るたび笑ったりホロリとしたり、忙しいです(笑

とくに、父ちゃんのキャラが立っていて秀逸です(^m^
案外、読者の中には父ちゃんファンが多いのでは??

にゃーごちゃんのひざ乗り、うらやましいです!
うちはお膝猫じゃないので、コツがあれば伝授して欲しいくらいです!

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。