リンとカルシウムの関係

  12, 2016 21:50
フード検証を再開する前に
備忘録的にまとめておいたエントリーを。

お水やフードに関する正しい情報を得ることは
テオナスの健康にも直結することなので、ついつい真剣になってしまいます。

まじめモードでつまらないかもしれません^^;

DSC02532.jpg



 ヒトの世界もネコの世界も食品や飲料水には、いつの時代もトンデモ科学がつきもので

ついつい惹かれてしまうキーワードが、たくさん盛り込まれているものです。




このエントリーは、ペットフード業界や、ミネラルウォーター業界などの都合のいい解釈などを限りなく排除して
科学的な根拠のある情報を選択しているつもりです。

もし、間違っていましたらご指摘いただけると助かります。

 てことで、第一弾は


■ リンとカルシウムの関係  

リンとカルシウムは、からだを形成するための大切なミネラルですが、どちらも摂取しすぎると骨の病気や腎臓病に関係してくるので、あまり摂取量が多いと心配になってしまいます。

また、リンとカルシウムは摂取量とともに「摂取比率」が大変重要で
摂取するリンとカルシウムの理想の比率は

リン:カルシウム = 1:1.5~2(※1.2~1.5という説もあり)

と言われています。

テオナスの朝ごはんでみてみましょう。


「ナチュラルチョイス(アダルト白身魚)」の
保障成分値を見てみると

リン(0.5% 以上)
カルシウム(0.9% 以上)

となっており、グラム換算すると、

100gあたり
リン0.5g:カルシウム0.9g


となります。
※実際は、朝ごはんは25gずつなので
ひとりあたりは、これの1/4の量になります。

比率にすると、1:1.8となり上限比率のちょうど中間くらいでしょうか。

夜ごはんはどうでしょう。



「サイエンスダイエット(アダルトサーモン)」は

リン(0.72%)
カルシウム(0.88%)

となっており、gに換算すると、

100gあたり
リン0.72g:カルシウム0.88g


です。


比率にすると

1:1.22222



昼と夜を合わせると
ちょうど1:1.5くらいの関係になっています。



これにオヤツを加えると、どのくらいのバランスが保てるのでしょう?



パッケージをみてもリンとカルシウムの量は記載されていません。

きっと成分表示法などで、スナック類には記載義務がないのでしょう。

どのくらい含まれているのかわからないので、あげる量は少ないに越したことは思います。

我が家の場合、クリスピーキスや猫福などの小分けオヤツは
一袋を半分ずつあげています。

基本的には1日1回だけにしていて(来客・病院帰りは1袋ずつ)
あげない日もあるから、バランスが崩れるほどの摂取量ではないと思われます。

DSC02091.jpg


なんでこんなにリンとカルシウムのバランスを気にするかというと
リンの排出にはカルシウムが不可欠で、
リンは体内でカルシウムと結合して「リン酸カルシウム」となり、
からだの生成維持に使われて、余った分は尿に排出されるからです。

カルシウムが足りないと、リンと結合するために
骨を溶かして血中のカルシウム量を増やす
ので、

カルシウムとのバランスを見て、摂取することが重要なのです。

ちなみにリンの多い食材は、海産物や肉類などのタンパク質です。
「無添加」や「素材そのまま」など謳ったものは、
リンとカルシウムの成分比率をよく確認したほうがよさそうです。

個人的にはナチュラルフードを買うときや、肉類比率の多いフード、
無添加系の猫缶を買うときに注意しています。

精肉は血抜きをしてあって内臓もありません。
ほかの栄養素も不足している可能性があるので
栄養バランスが悪くならないように配慮する必要があります。

DSC02539.jpg


猫は「完全肉食動物」ですが、それは新鮮な内臓や血液、胃の内容物を同時に摂取することで、
栄養を摂取していることが前提ですから、精肉(動物の筋肉、脂肪部分)だけの無添加猫缶などでは
栄養が偏る可能性があります。

サバンナの猫科肉食動物の食性を、テレビなどで見たことがある人も多いと思いますが、
仕留めた獲物に最初にかぶりつく場所は、美味しそうなモモ肉ではなく、内臓です。
やわらかくて、栄養価が高くて、水分が豊富に含まれている場所だからです。
先にここを食べておけば、途中でハイエナなどに横取りされても
栄養は摂取できているという仕組みなのだと思います。

摂りすぎたリンやカルシウムは、腎臓が尿に排出しようとがんばります。

リンの摂取量が多いと、無駄なリンが尿に排出されるために、
尿がアルカリ性に傾いていきます。
※このあたりはもっと複雑ないきさつでアルカリに傾くのですがはしょります
※尿路感染症や腎疾患がある場合も、アルカリ尿になります。

尿がアルカリ性に傾くと、アルカリ環境では溶けにくいストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)尿石ができやすくなるというワケです。

DSC02014.jpg



次回は(いつになるやら)ストルバイトの原因にもなる
マグネシウムや塩分のお話です。

↓気が向いたらポチっとお願いします♪




にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
スポンサーサイト

  ナスカ テオ キャットフード 健康 リン カルシウム ストルバイト 結石 尿石

Comment 12

ちびたん  

コメントではお久しぶりです(笑)
リンが多いとダメだと思っていましたが、比率が大切なんですね。
suztanさんのおかげで、とっても勉強になりました(*^^*)
ありがとうございます❤
がじゅがストルバイトになってしまい療養食をあげていますが、食い付きが悪くて困ってます(T_T)
かといって、おやつ混ぜたりしたら意味ないですもんね(^^;
飽きずに美味しく食べてくれる療養食が欲しいです(。>д<)

Edit | Reply | 
suztan  

To ちびたんさん

あら~おひさしぶり(笑

いつもはLINEだからなんだか新鮮だわ!
だって敬語なんですもの(≧m≦)プーーーー!

がじゅくんストルバイトか~
グルメってだけで、何でも食べてくれる子の治療より
格段にハードルが上がるからツライところだよね><

療法食はロイカナかヒルズをあげているのかな?
FORZA10にもウリナリー系があるみたいだよ。
ともあれ、まずは水分をたくさんとってもらうのが一番かも。
ウェットフードあんまり好きじゃないって聞いたけど
カリカリをふやかしたりウェットにしてみるとか。

このエントリー、チマチマ修正加えているので
最初に読んだ人は「ん?」って思ったかもー
尿のアルカリ化の部分はちょっと微妙です^^;

Edit | Reply | 
Mii  

うおおぉ~(*゜Q゜*)
すごい勉強されてますねφ(..)
色々調べても、猫って結構好き嫌いがあったり、突然飽きちゃったりで、こちらが食べてほしいな~って思うフード食べてくれなかったり…(;´_ゝ`)

はぁぁぁ…レポートレポートで頭がどうにかなりそうです(笑)

Edit | Reply | 
toranyansan  

うちも栄養素の含有量には気を遣ってフードを選びたいんですが、
偏食族が多いもので・・・

完璧な栄養バランスで、なおかつ美味い!
そんな理想的なフードはないものですかね~

Edit | Reply | 
suztan  

To Miiさん

そうなんですよね~、好き嫌いが多いと本当に困ります。
子をもつ母の気持ちがわかる(笑)

レポート、頑張ってくださいね!
Miiさん努力家で尊敬しちゃう!
会社で半強制だったとしても
興味がなければ頑張れる自信はゼロw

Edit | Reply | 
suztan  

To toranyansanさん

偏食は困りますよね~
いま思えば、おやつをあげるようになってから
偏食になったような気がしていて・・・

食べてるときに間接的な刺激を受けるだけで
その食べ物が嫌いになることもあるっていうから
そうなったときはどうやって回復すればいいんだろう^^;

Edit | Reply | 
あずき  

とっても勉強になりました!
「無添加」など、魅力的なキーワードには
ついつい惹かれてしまっているけど、
その言葉にとらわれてはいけないんですね~(;^_^

うちで食べさせているフードはお肉の比率が高いので、
成分表をよくチェックしてみますv
クリスピーキッスなどのおやつも結構あげているので、
それも気をつけないとダメね。

理想的な栄養バランスでおいしいフードがあれば
一番いいのにね・・・(*`艸´)

Edit | Reply | 
ニャーヨ  

ワタシももう少し勉強しなきゃいかんと思いましたよ(*_*;
suztanさん、凄いです!
今はキャットフードの種類も多いし
オヤツもたくさんあるし、療養食も色々ありますからね。
お世話係が「選べる」時代になりましたもんね。
それだけに知識も必要ですよね(^^)
ただ最後は『食べるか食べないか』になっちゃうんだけど・・・

Edit | Reply | 
suztan  

To あずきさん

あずきさんのロイカナ本社訪問記も
とっても勉強になりました
こうやって猫友同士で知識を高めあっていけるというのは
私はすごーく価値あることだと思います。

無添加フードに関しては、とても良いものなのだと思っていますが
「不足しているものは何か」を把握しておかないと
いけないだろうなと思っています。
手作りフードが難しいのと同じです。

なんでもよく食べてくれる子ならフード検証もしていないだろうし、
総合栄養食あげとけばオッケー!ってなったのかもしれないけど、
テオナスはそうもいかなくて^^;

栄養学の知識もないし、四苦八苦の試行錯誤です(笑)


Edit | Reply | 
suztan  

To ニャーヨさん

そうなんですよ~。
選択肢が多すぎる分、「判断力」が必要になってきて
おまけに猫様の好みとの戦い・・・

いろいろ考えていても、
結局のところ子猫の頃からジャンクを食べ続けていても
すごく長生きする子もいるし
食事に気を使っているのに太りやすかったり
病気がちだったりする子もいるわけなので、
「たべたもので体ができている」とはいえ
神がかり的な複雑さなのですよね^^;

シニアさんともなれば、ちょっとしたストレスで
体調をくずしたりもしますから、
むしろ好きなものを美味しい美味しいって食べてくれた方が
いいのかもしれないですね。

ニャーヨさんがじっちゃまによくやっていた
フルコースディナー的なお食事法とか
素晴らしいなって思います。

ニャーヨさんから学ぶことって本当に多くて
勝手に師匠と呼ばせていただいてます(笑)

Edit | Reply | 
トトロ  

うおおおおお

うちのラファがストルバイト出たホヤホヤなので!!( ̄▽ ̄)
次回、首を長くして待ってます!!!

Edit | Reply | 
suztan  

To トトロさん

うおおお。
続きはずいぶん後になりそうだよ^^;
推敲に時間がかかってなかなか進まないね~(笑)

ストルバイト、うちもいつかでるんじゃないかと
毎回掃除のたびにドッキドキです(--;
8月はにゃんにゃんドックなので、しっかり調べてもらおう。

Edit | Reply | 

What's new?