スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】猫の腎不全、東大など原因解明【朗報】

  13, 2016 11:30
今年一番の朗報かもしれない・・・!

たくさんの猫ちゃんと、たくさんの飼い主さんが
一日も早く、苦しみや悲しみから解放されますように・・・。

img007


以下、毎日新聞ウェブサイトより引用。
http://mainichi.jp/articles/20161013/k00/00m/040/040000c
猫に腎不全が多い原因を東京大の宮崎徹教授(疾患生命科学)らの研究チームが解明し、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に12日発表した。猫の死因のトップは腎不全とされているものの、原因は不明で治療法も確立されていなかった。猫はペットとして飼われる動物としては犬を抜いて最も多く、研究は腎不全の猫の治療や延命に役立つとしている。

 腎臓は、血液中の老廃物を尿として排出する役割がある。腎不全はこの機能が働かない状態のことで、尿の通り道となる管内の細胞が死んではがれ、ごみとなって塞いでしまうことが原因となる。猫の場合は5~6歳で急性の腎不全になることが多く、そのうち5~7割が改善せずに、慢性腎不全のため15歳程度で死ぬという。

 人やマウスでは、急性の腎不全になった場合、血液中に固まって浮遊しているたんぱく質「AIM」が活性化し、ごみの排除に関わって腎機能を改善させるが、猫の場合は、AIMが急性腎不全になっても働かないことを研究チームは発見した。このたんぱく質の働きを利用した薬の開発が進められており、猫だけでなく人への応用も期待される。

 宮崎教授は「数年で猫の薬が使えるようになる見込みで、猫の寿命を大幅に延ばせる可能性がある」と話している。




↓猫ちゃんたちの明るい未来にポチっとお願いします♪



にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ







スポンサーサイト

  腎不全 腎臓病 東大 原因解明

Comment - 4

oharumama  

suztanさん、今日はありがとう!!
すごく嬉しかったです。
毎回ちゃんと記事は読ませてもらってるけど、コメントさせてもらえずすいません。

関西旅行、楽しめてよかったですね。
お気に入りの場所やお店はありましたか?

この腎不全の記事、ほんまに朗報です。
先日にゃーごの血液検査をしたら、少し腎臓の数値があがっていたので
ずっと心配していたところでした。
ほんまに悩んでいたから、こんな嬉しい発表で少し元気になってきました。

にゃーごはもう歳やから、にゃーごとの時間を大切にしなあかんなぁ~と考えています。

Edit | Reply | 
inkyo  

こんにちは。

 今日はご訪問いただきありがとうございます。いつも楽しく拝見しています。ピッピは19.5歳であちらへ逝きましたが最期は血尿が出て見ているこちらもつらかったです。早く良い治療薬が出来るといいですね。

Edit | Reply | 
suztan  

To oharumamaさん

お返事遅くなってごめんなさい(><;

本当はこういう記事で一喜一憂していいのかは
悩むところですが、数年以内の実用化めどってことは
かなり有力はことなのかなって期待しています。

にゃーごさんはシニアさんだから
少しでも腎臓を大切にしてあげたいですね。
ウチは3歳になったし、そろそろワクチンをやめるか
ブランクを長くとるかしようかなって思っています。

にゃーごさんのおはるさんを見つめる顔をみるたびに
じーーんときちゃうので、これからもたくさんみせてくださいね♪

Edit | Reply | 
suztan  

To inkyoさん

お返事が遅くなってしまって申し訳ありません(><;

ピッピちゃんは大変だったのですね
看護されていたinkyoさんもお辛かったことでしょう。

猫ちゃんは決して弱音を吐いたり、生きることをやめたりはしないから
余生をどれだけ質の高いものにできるかが飼い主の役目だと思っています。

自分がそれを成し遂げることができるように、
たくさんのことを知ってたくさんの選択肢を得たいです。

悔いの無い選択なんて無いのかもしれないけれど
少しでも愛猫が、私と暮らしてよかったと思ってくれるように
頑張りたいと思います。

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。