気になる向こう側

  21, 2014 19:01
普段、めったに窓の外を眺めることもないテオとナスカ。



窓を開けてもにおいをかぎに来ることはあっても
外に出たがる素振りは見せません。



外は寒いからここがいいニャ。

M1350002.jpg



ベランダに出て草木に水やりをしていると
立ち上がって窓にへばりついて見ていますが



外に出たいというより
外にいる私が気になってしかたない感じ。



2匹とも、私が家にいるときは
どこでもついて歩くストーカー。



とにかく私が動くたびに

「ねぇ、どこいくの? トイレ? お風呂?」
「ねぇ、もしかしておやつ? おやつなの?」
「ねぇ、そろそろ遊ぶ? おもちゃの時間?」


といった具合に目をキラキラさせながら
ストーキングしてきます^^;



今までぐっすりベッドで一緒に寝ていたので
そっと起きてトイレにいっても
用を足して出てくるとドアの前で
眠い目をしょぼしょぼさせながら待っているので

遊びたいとかおやつが欲しいという
具体的な欲求ではなく



なんか気になる



ってことなんでしょうw



まぁ、そんな行動を、お世話係は

なんてカワイイ子たち!
きっと私のことがダイスキなんだわ(゜∀゜




と、鼻息を荒くしてしまうんですけどね~(^m^



そんなテオとナスカは最近、玄関の外が気になる様子。
最近はトイレに向かうとダッシュで走ってきて
開くかもしれない大きなドアを見上げています。



毎朝出て行っては遅くまで戻らない



このドアの向こうは いったいどんな世界なんだろう?




幸いにも、ウチのマンションは玄関ドアを開けても
内廊下といって、ホテルのような構造になっているので
玄関から飛び出しても外に出ることはできないので安心しています。



顔を隙間にグリグリして何とかあっちの世界に行こうとするけど
エレベーターの「ポーン」という音が聞こえるだけで
すっ飛んで逃げるビビリアンなんだよね


でもこういう子が、ほんとうにお外に出てしまったら
びっくりすることだらけですぐにパニックになって
迷子になってしまうんでしょうね。



考えたらゾっとしてしまうわ・・



ベッドを買ったとき、業者さんがマットレスを運ぶために
部屋の中にあがりこんできたときも

ナスカはレンジフードの上に逃げて
ガタガタと震えて、とてもかわいそうでした・・

テオは壁面収納とカーテンの隙間にぎゅうぎゅうとめり込んで隠れていました。
きっとテオが早々に隠れてしまい、テオを見失ったナスカは
余計怖かったんだと思います。

でももう、安心ニャ。
M1350003.jpg






にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?