スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫とアクアリウム②

  30, 2014 18:24
謎の連載を続けているsuztanですこんにちはw

閲覧数も少ないブログなので備忘録的な要素が強いかもしれません^^;




金魚の飼育でアクアに目覚めた私は熱帯魚を飼ってみたくなり
綺麗な水草がたくさん生えた水槽でキラキラと体を輝かせながら
動く絵画のような熱帯魚水槽を日々妄想していました。

アクアリウムは金食い趣味だと聞いて、ビビりましたが
興味のほうが勝ってしまい、まずはできるだけ安価な魚と水草で
アクアリウムを楽しむことにしました。

※腐海の森をイメージしたネタ水槽
腐海の森


繁殖を考えなければ、安価な生体の飼育は比較的容易です。
急激に水質や水温を変えたりしなければ、みんな元気です。



しかし、水草はそうはいきませんでした。



―――アクアリウムは科学だ。



植物の成長に欠かせない3つの要素は学校でも習いました。

「チッ素 リン酸 カリ」

これらのバランスが非常に大事だということを
いやというほど見せつけられ続ける

終わりなきアクアリストの課題です。


濾過には物理濾過だけではなく、生物濾過が非常に重要であり
生物濾過ができるようになると、水槽の中に「小さな生態系」が
出来上がります。

※死にぞこないのマリモをツマツマするエビちゃん
エビちゃんツマツマ


二酸化炭素の供給量はもちろんのこと、Phや硬度といったものが
水草の成長に影響を与え、さらには照明の光量やら発光スペクトルやらでも
育ち方が違ってくるらしい。


さらにそれらのバランスが崩れると襲ってくる


苔の大逆襲―――。



成長が鈍くなった水草は苔に覆われ、光を遮られ、さらに元気をなくし
やがて(生物濾過により)溶けてなくなる・・・・

5本で398円の水草が、698円の水草が、880円の水草が
溶ける、溶ける・・・・

もちろん、5本じゃスカスカなので20本とか買ったりして
種類も何種類か欲しくなるわけで・・・

こ、これが一本千円以上する高級な水草だったら・・・
いや、高級な水草でなくても、水質管理ができなければ

買う⇒コケる⇒増えない⇒溶ける⇒買う・・・
まさに負のスパイラルなワケで><


ともあれ、散財を繰り返しながらも、今度はああしたい
こうしたい、といった妄想は果てしなく続いてやめられない。
楽しい楽しいアクアリウム地獄のお話でした。

※初めての熱帯魚水槽
DVC00011.jpg


めでたしめでたし。




これ、猫ブログじゃなかったかニャ・・
ナスカの白目


ボクには関係ニャい話ばっかりニャ。

にょ~ん



いいえ、あるんです!




つづく(次で終わりですw)



にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。