スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  01, 2014 23:24
最終回ですw

アクアリウムで水質を考えることは
水槽の水を愛飲するテオ君の健康を考えることにつながります。

え、そうなの?

お気に入りの場所

テオ君の健康を保つために必要な水質を保つには

①鮮度
②硬度
③Ph

ではないかと考えています。

①鮮度
アクアリウムは基本的に閉鎖的な環境で水を循環させることで生態系を維持します。
この点においては新鮮な水を提供できていないことになります。

しかしながら、古い水であっても物理濾過と生物濾過が成立した水は
においもなく、水道水よりも高い透明度を保ちます。

基本的に水は腐りませんが、通常、コップに入れた水を放置しておくと、
だんだん雑菌が増殖して、濁りやにおいなどが出て水が腐っていきます。
それは水に含まれている塩素が、時間とともに殺菌効果を失っていくことにより
雑菌の生命活動が活発になるからです。

殺菌効果を失った水槽の水が腐らないのは、水質を浄化させる微生物が
雑菌の繁殖を妨害しているからです。
これらの有用な微生物が住みやすい環境を作ることで綺麗な水を維持します。

目に見えないミクロの世界では熾烈な生存競争が行われているのですね。

※テオ君が飲んでいる水の中には生き物がいっぱい。
2013年レイアウト


②硬度

基本となる水道水には、マグネシウムやカルシウムなどが含まれています。
外国と比べると日本の水はその含有量が少なく、「軟水」といわれています。
アクアリウムの世界では、硬度は水草の生長に影響する重要な数値となります。
基本的に砂や岩石を多用したレイアウトは硬度が高くなる傾向にあり
ソイルという土を焼き固めた素材を土壌とし、流木中心のレイアウトだと
硬度があまりあがることはありません。

猫にとって高硬度の水は、猫下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)などの一因に
なるかもしれないので、水槽の水も軟水であることが望ましいと考え、
サンド環境だった水槽をリセットしてソイル+流木中心の環境にしました。

※昨日植栽がやっとおわったばかりのレイアウト水槽
毎日少しずつ成長するのが分かってすごく楽しいです。
レイアウト水槽


③pH(ペーハー)

pHは硬度と密接な関係があり、硬度が高くなるとpHも高くなる、というわけでは
ありませんが、このあたりはかなり化学な世界なのではしょります^^;
基本となる水道水のpHは日本でも地域差が結構あり、私が住んでいる地域は
pHが7.6くらいあります。
アクアリウムにおいては、水草が良く育つ環境は弱酸性のものが多く、
熱帯魚やエビも弱酸性を好む生体が主流です。

アクアリウムでの弱酸性環境は6.5~7.0くらいを指していますので
水道水のpHを下げる必要があります。

一方、猫の尿のpHはその度合いによってできる尿結石に違いがあります。
低pH(6.0以下):シュウ酸カルシウム結晶化
高pH(7.0以上):ストルバイト結晶化

このあたりのことはペットフードメーカーであるペットラインのHPで
分かりやすい説明があります。
http://www.petline.co.jp/note/cat/sick/

食べ物の影響もあるので、飲み水のpHが高いと
どの程度尿のpHも高くなるのかは分かりませんが
少なくともpHが硬度と密接な関係がある以上、飲み水もできるだけ
軟水であることが望ましいかなと思っています。

我が家は浄水器を通した水を与えていますが
浄水器のフィルターはマグネシウムやカルシウムを吸着してくれないようです。

あれ、じゃあ水槽の水の方がいいんじゃん?
って一瞬思ったりするわけだが、色んな微生物もいるので、ねえ^^;

ともあれ、水槽のお水がお気に入りのテオ君の
猫下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)リスクを少しでも減らすことができ、
水槽もイイカンジなら御の字なのですw

こだわるなら軟水のミネラルウォーターを与えるべきなのかと思います。
テオとナスカの為にも、いい水がみつかれば試してみようかな。



そんなことよりボクはコイツが気にくわないニャ



すごいビクビクしながらプンプンしているので怖いんだと思う。
気にくわないのにどこからか引っ張り出してきてプンスカしながら
猫パンチくらわしていますw



にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。