ロイカナ問題

  18, 2014 14:00
まんぷく家にお邪魔した時も話題になったロイカナのお話。


実はニュースを見た時から記事を起こしていたのですが
批判記事になってしまうので躊躇していましたがUPします。


知っていて、あえて与えているならいいのです。
デモ、知らなくて、知っていたらやめたのに、という人がいるなら
記事にする価値はあるかな、と。


※画像はブログの内容と一切関係ありません。






ロイヤルカナン「韓国はペットフード工場の最適地」
http://japanese.joins.com/article/641/189641.html
※Yahooの記事が削除されていたのでリンク先を変えました。

ペットフードに関しては日本の規制ですら、安心・安全とはいえず
規制の厳しい欧米産のペットフードを選んでいる人も多いかと思います。


欧米のように規制が厳しくても、
世界的なリコール事件に発展することもあります。


ロイカナに関しては、BHAの使用で避けている人を除けば
療法食を頼ってロイカナにたどり着いている人も多いのではないでしょうか。
恐らく日本で販売されているペットフードのなかでも1,2を争うほど
絶大な信頼を得ているのではないかと思います。


M1820003.jpg


そんな日本の猫飼いの心と財布をガッチリ掴んだロイカナが
アジア向けの生産拠点を、原材料の調達から製造に至るまで
韓国にすると言い出しました。

※韓国紙でのリリースで、ロイカナ公式にはまだ告知は見当たりません。


ニュースの中で、ロイカナの代表は
「ペットのえさにペットフードを与える割合は韓国が40%」と言っています。


たった40%です。


残りの60%は何を与えているのでしょう。
ロイカナとしてはそこにシェアの拡大を狙えると考えているようです。


韓国でも、都市部では大切にかわいがられ、美味しいフードを
与えられている子も多いと思いますが、そのほとんどが「犬」です。

「韓国 ペット事情」で検索すると、ちょっとお国柄で片づけるわけには
いかないほど、猫の存在は希薄です。


M1820002.jpg


食の安全に関する意識が問われる昨今、中国はもちろんのこと
韓国でも頻繁に口蹄疫や鳥インフル、大腸菌汚染が発生しています。
中国・韓国に限ったことではありませんが、大量に殺処分された家畜が
適切に処理されていればいいのですが、ペットフードの原材料として
再利用される可能性があるんじゃないかと想像するに容易いです。

ペットフードテロなんてまっぴらごめんです。


猫は完全肉食動物であるがゆえに
本来食べるはずのないものに対する毒性に弱い生き物です。

猫の肝臓は、解毒機能をはたすグルクロン酸抱合ができません。
だから与えるものや部屋に置く物、植物などには犬よりも注意が必要です。


ロイカナの安全管理・衛生管理の厳しい目が
どこまで韓国の生産工場に行き届くかは見守るしかありません。


M1820005.jpg


どのロットから韓国製になるかはわかりませんが、正規の輸入品であれば
韓国製のバーコードの数字は「880」
で始まりますので覚えておいて損はなさそうです。
※日本でリパックされてしまうと、45または49になってしまいます。


ちなみに、猫ちゃんたちに大人気のアイシアの黒缶も
どんどん韓国製ロットになってきているそうなのでご注意ください。


黒缶あげるなら国産の「黒缶プレミアム」がよさそうです。


テオとナスカは1歳近くまでロイカナを食べていました。
半年を過ぎたあたりから、ナスカのロイカナボイコットが始まってしまったので
今や立派なフードジプシーです(´Д`)


いまのところ「ナチュラルチョイスのアダルト白身魚」
お気に入りのご様子。


さて、次回のちょいモフ通信(だから違ry)は、
「愛獣・マーブルちゃん現る!」です。

お楽しみに♪


M1820006.jpg


って感じで、テオ君は空気を読まない子です(゜∀゜)b





↓気が向いたらポチっとお願いします♪


にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

スポンサーサイト

Comment 10

あずき  

こんにちは(*^-^*)

私もロイカナの件を聞いた時にはびっくりしました。
自分が食べるものでも韓国産を買うのは躊躇するのに、
あくまでも個人的な意見ですが、
ペットの食に対して意識の高い人がこれをチョイスするか疑問です・・・

人間の食の安全さえも脅かされている今、
うちのこたちのごはん選びには本当に慎重になりますよね。
手作りごはんは安心安全だけど、食べてくれないし、
健康に良さそうと思って買った高いフードには見向きもしないし・・・で
私も今、ウエットフードジプシーです(泣)

知らなかったことが多くて(韓国製が「880」とか・・・)、
今回記事、本当に勉強になりました!
suztanさん、ありがとー@^-^@

甘えん坊のテオくん、かわいいー
なでてもらって気持ちいいお顔がワイルドで、
たまりません( *´艸`)

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
トトロ  

うひゃー

suztanさんこんばんは♪

まるで記者さんのような豊富な情報と素晴らしい文章力。
suztanさん、この記事このままYahooニュースに載せましょう!!!

この間も「ひえ~」と思いましたが、こうして記事にしてもらうと、改めて怖くなってきました。
だってうちも最初ねりまねこさんからロイカナ勧められたし。
だからロイカナ食べさせとけば安泰だって思ってたから・・・・(~_~;)

ウェットはロイカナ嫌いで
今では黒缶がお気に入りだけど、その黒缶もどんどん韓国製に(涙)
うちも近い未来のフードジプシーです。

完全なる先入観でしかないけど、韓国の人ゴメンナサイだけど・・・
なんだか本当に嫌ですよね(~_~;)

Edit | Reply | 
pino  

初めて知りました

suztanさん、こんにちは♪

この記事を見るまで、ロイカナは安全だと信じ切っていました。
ウチのめりも子猫の一時期は食べていたのですが、突然子猫用を食べてくれなくなったんです。
大人になってから、大人用をあげるようになってから喜んで食べるようになったので安心していました。
ホント、食の安全は大事ですよね。
これからどうしたら良いか考える良いきっかけとなりました!
教えてくれてありがとうございます^^

Edit | Reply | 
suztan  

あずきさん>

お返事おそくなりましてこんばんは!

> ペットの食に対して意識の高い人がこれをチョイスするか疑問です・・・

私もそう思います。
こだわりぬく人は原材料の産地まで調べ上げて
手作りにたどり着くのかもしれませんね。

原材料に関しては、過去の大リコール事件でもわかるように
原材料に中国産のものが使われていたことにより
名だたるプレミアムフードが軒並みリコール対象になりましたから
原産国だけで信頼するのもリスキーであることは明白です。

最近はロイカナのパウチもボイコットしはじめたので
今日、サイエンスダイエットのウェット缶を買ってみました。
サーモンを試してみたのですが、テオもナスカも一気食いでした。
一缶を半分ずつなので、少ないですが、一度に沢山食べない子たちなので
食いつきのよさにびっくりしました。

甘えモードのときのテオくんは、なでなでするのをやめると
「まだー!」って抗議の声をあげるんですよw
気持ちいいときのヘブン顔はこわいけど最高にかわいいです♪





>
> 人間の食の安全さえも脅かされている今、
> うちのこたちのごはん選びには本当に慎重になりますよね。
> 手作りごはんは安心安全だけど、食べてくれないし、
> 健康に良さそうと思って買った高いフードには見向きもしないし・・・で
> 私も今、ウエットフードジプシーです(泣)
>
> 知らなかったことが多くて(韓国製が「880」とか・・・)、
> 今回記事、本当に勉強になりました!
> suztanさん、ありがとー@^-^@
>
> 甘えん坊のテオくん、かわいいー
> なでてもらって気持ちいいお顔がワイルドで、
> たまりません( *´艸`)

Edit | Reply | 
suztan  

toranyansanさん>

愛猫のことを思うと悩みは尽きませんよね~
toranyansanさんがいろいろ試していらっしゃることも
とっても参考になっています!

我が家もウェットをサイエンスダイエットに変えてみましたら
気に入ってくれたみたいなので、これでしばらく様子を見ようと思います^^

Edit | Reply | 
suztan  

トトロさん>

ロイカナは総合栄養食として優秀でしたから
体がまだできていない子猫ちゃんには最適な食事だと思っています。

栄養素という観点からいえばこれからもロイカナは優秀なフードでしょうが
品質の点において、ある程度信頼性を損なっていきそうですね。
私たちの予想を良い意味で裏切ってくれることを期待しています。

他のコメントでもお伝えしてますが、サイエンスダイエットのウェット
美味しかったみたいでペロリと平らげていました。
トトロさんはもうお試しずみですか?

Edit | Reply | 
suztan  

pinoさん>

pinoさん、おひさしぶりです♪

ロイカナメインで原産国を気にされる方は
これからどうするか悩みどころですよね。

原産国が変わっただけで、ただちに品質が低下することはないとおもいますよ。
最初のうちはどこの国だって一生懸命品質を維持しようと思うはずですから。
時間の経過とともに管理体制や品質にほころびが出てくる可能性が高いのは
どこの国でも同じですが、中国や韓国あたりはロイカナの高度な品質管理が
早期のモラルハザードとなる可能性が高いかな、と勝手に思っている次第です。

めりちゃんもぼんくんもpinoさんの優しい愛情に包まれてとっても幸せそうです。
かわいいおふたりには安心できて美味しいフードを食べて喜んでほしいですね^^

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
suztan  

ほんなあほな。さん>

はじめまして^^

とっても貴重な情報をありがとうございます!
わたしもその件は、もしかしたら・・と危惧していたところです><

マースグループは巨大な企業ですから
合理化を考えればその線は濃厚ではないかと思います。

フードに関しては常にアンテナを高くしていかないと
大切な愛猫を守れるのは、私たち飼い主だけですから。

これからもよろしくお願いします。
また遊びに来てくださいね^^

Edit | Reply | 

What's new?